伊勢屋 山下聖広さん(あまくさと人 vol.1)

天草生まれの人、天草に暮らす人が現在に至った経緯と今後の展望にスポットをあてる「あまくさと人」。

第一回目に紹介するのは千葉県柏市にある老舗和菓子店伊勢屋の山下聖広さんです。
創業80年を迎える老舗和菓子店伊勢屋の若旦那である山下さんは異色の経歴をお持ちで、大学卒業後はアメリカでセキュリティ関連の仕事を経験し、帰国後はフィットネス業界に身を置かれました。その後、和菓子の世界へ転身され奥様の実家の老舗和菓子店「伊勢屋」を次の代へつないでいくために奮闘されています。

f:id:i-DESIGN:20160210115545j:plain

 

〇これまでの経歴

天草高校卒。大学卒業後、渡米。
警察、米軍関係者と合同訓練も行う本格的なセキュリティ業に従事。
帰国後世界的に有名なフィットネスジムでトレーナーとして勤務。
2013年和菓子の世界へ。

 

〇今何をされていますか?

千葉県柏市の伊勢屋という和菓子店で和菓子職人をしています。

f:id:i-DESIGN:20160210115632j:plain

 伊勢屋は南柏本店の他に大手百貨店やスーパーに店舗があり、その他に都内の料亭や結婚式場などに和菓子を納品しています。
 創業当初から作りたての味をお客様にお届けするために、伊勢屋の和菓子は保存料を一切使用しておりません。

f:id:i-DESIGN:20160210115311j:plain

f:id:i-DESIGN:20160210115415j:plain

 

また、食品の衛生管理が国に認められ、食品衛生優良施設として2015年度の厚生労働大臣賞をいただきました。

f:id:i-DESIGN:20160210115242j:plain

 

〇和菓子職人になる前の生活と比べて大変なことは?

今は生活のリズムができたので慣れましたが、朝早くからの勤務が大変でした。通常は午前4時、繁忙期は午前1時には仕事を始めています。

 

〇老舗和菓子店を継承していくことに関するプレッシャーは?

プレッシャーは特にありません。継承していくという点では、「和菓子」は比較的高齢の方が好まれるイメージがあるため、和菓子になじみのない若い世代にその良さを伝え、身近に感じてもらうようにすることが次の世代につないでいく私の役割だと考えています。 そのために製造などの通常業務を行いながら、伊勢屋のホームページの管理及びSNSを使った伊勢屋の紹介を行い、メディアなどの依頼があれば積極的に取材に応じ伊勢屋の広報活動につなげるようにしています。

f:id:i-DESIGN:20160210115436j:plain

 

〇やりたいこと・目標としていることは?

筋トレ、バイク、ライブ観戦、インテリアデザイン等やりたいことや趣味はたくさんあります。筋トレに関しては学生時代より30kgウエイトが増えました。

他にもインテリアデザインはすごく好きで、自宅を雑誌の企画に応募したところ入賞したり、友達の推薦で編集者の方にお声をかけていただき別の雑誌に取り上げていただいたりしました。これはすごくうれしかったです。 (写真は山下さんのご自宅)

f:id:i-DESIGN:20160210115338j:plain

f:id:i-DESIGN:20160210120454j:plain

 

〇今後、どういうふうに進んでいこうとしていますか?

仕事に関しては、来年創業80年を迎える伊勢屋をこの先100年、200年と続いていけるようにすることです。

それと、現在1歳の息子が大きくなったときに一緒に楽しめるように趣味を長く続けていきたいです。

f:id:i-DESIGN:20160210115251j:plain

 

〇学生時代に目指した職業はなんですか?

大学生の時にアルバイトで行っていたライブ会場での警備で興味を抱き、本格的なセキュリティの仕事に就きたいと考えていました。より実践的なノウハウを学ぶため警備業が盛んなアメリカ行きを選択しました。

 

〇天草に暮らすこどもたちにメッセージをお願いします

海や山、自然豊かな田舎があると言うと、都会の人からは羨ましがられます。都会で暮らす天草出身の人はみなそんな天草を誇りに思っています。みんなも天草で生まれ育っている事を誇りに思ってください!

 

 

f:id:i-DESIGN:20160210115232j:plain

千葉県柏市南柏 1-11-20(本店)
04-7145-3007
営業時間 5:00~17:00
定休日 水曜日( 祝日は営業)
伊勢屋Facebookページ

 

実践的なボディガードからフィットネストレーナーを経て和菓子職人の道を選択された山下さん。老舗和菓子店を継いでいくことに関してはプレッシャーもなく、仕事も趣味も楽しんでおられます。

どの世界でも次の世代につないでいくことは大変であり、難しいことが多くあります。難しいことを難しく考えず目の前のやるべきことと真摯に向かい合う山下さんの姿勢も、老舗和菓子店の伝統と共に伝えていってほしいと感じました。

 

 

「あまくさと」の更新情報はLINEでお知らせします。
こちらからご登録ください。

友だち追加